ホスピタルボウル

2019年11月16日(土)

 

ホスピタルフットボールにご協力頂いている天理大学のご厚意により、体育学部のグラウンドをお借りして「ホスピタルフットボウル」を開催することができました。

 

当日は雲ひとつない好天に恵まれ、150人を超える老若男女が参加してくれました。

午前中はオーバー18とアンダー18に分かれ、総当り戦で全後半それぞれ10分の試合を行いました。午後からはアンダー18vsオーバー18の試合を行いました。

 

ご参加者の中には、出張の合間を縫って遠く関東から来られた方もいらっしゃいました。

 

小学生低学年の女の子から、中年のオジさんまでが一緒になって、入院している子ども達が立てたオフェンスフォーメーションをベースに試合を行いました。

 

目標は病室とフィールドを繋いでオンタイムで試合をすることです。

 

次回ホスピタルフットボールは来年(2020年)春から初夏にかけて実施を予定しています。

 

また、この活動を少しずつ広げていければと考えています。

 

全国でフラッグフットボール、アメリカンフットボールの普及に活躍されている個人、団体の皆様とご一緒に歩んでいければと考えています。

 

ご協力宜しくお願い申し上げます。

 

ホスピタルフットボール倶楽部